厳選したお気に入りの写真を使う!

選びたいのはこんな写真

フォトブックに使う写真選びに迷ったら、まずは主役になるものは何かを考えてみましょう。旅行の写真をまとめるのであれば、主役は見たかった景色や建物かもしれませんし、食べたかった物かもしれません。人によっては、一緒に行った家族や友人かもしれませんね。何が主役か確定できたら、その風景や物あるいは人物が大きく映った写真を選びましょう。
なお、運動会や結婚式などの人物が主役になるイベントのフォトブックを作る時には、真正面を向いている写真だけに絞る必要はありません。運動会で一生懸命走っている姿や結婚式で指輪の交換をしている姿など、真正面を向いていなくても素敵だと思える写真はたくさんあるはずです。そういったものを真正面を向いている写真と組み合わせましょう。

レイアウトを工夫しよう

まずは、1つのページの中に周りと大きさの違う写真を1つだけ入れてみましょう。だいぶ印象が変わるのではないでしょうか。また、横向きの写真の中に1つだけ縦向きの写真を入れてみても印象が変わるでしょう。このように写真の大きさや向きを変えて、ページの印象に変化をつけていくことができます。まずは子どもが満面の笑みを浮かべている写真や、旅行に行ってどうしても見たかった建物の写真など、特に大きく残したい写真の大きさや向きから変えてみましょう。
また、1つのページに1つだけ写真を入れてみるのも工夫の1つです。余白を残さず、写真だけで全体を埋めれば迫力あるページが出来上がります。写真に対するコメントをたくさん入れたい、写真とコメントを重ねたくない場合には、写真をページの上半分だけに入れても良いでしょう。